デリボーイ納車整備。

P6240657.jpg P6240658.jpg
外見は何とも無さそうなセンターマフラー。
マフラーの一番外側は遮熱板になっており、その内側マフラー本体が破れていたので予算の都合で在庫の中古に交換。
P6240660.jpg P6240659.jpg P6240661.jpg
ドライブシャフトを抜いて左右のハブオイルシールを交換。
P6250662.jpg P6250663.jpg
噴射ポンプを外したら、ついでにサーモスタットを交換した方が良いです。
P6250664.jpg P6250665.jpg
締め付け直しが出来ない純正ヒーターホースバンド。
P6250666.jpg P6250667.jpg
水漏れ、滲みがあれば社外のバンドに交換。
P6250668.jpg P6250669.jpg
オルタネーターのバキュームポンプのオイル高圧ホースからオイル滲みがあり、新品に交換。
P6250670.jpg
エアコンの風が1・2・3・4のどれかで風が出なければレジスター交換。
P6250671.jpg P6250672.jpg
噴射ポンプのアイドルアップ装置に入る、ふやけたヒーターホースも新品に交換。
P6260673.jpg
メーター照明の球が1つ切れていて交換したが他と明るさが全く違ったので残りの3個も交換。
P6260677.jpg P6260674.jpg 
P6260675.jpg P6260676.jpg
ガタがあった左右のアッパー&ロワアームボールジョイントを新品に交換。
P6260678.jpg
左右フロントハブにもガタがあり、プレロード調整。
噴射ポンプがまだ帰って来ないので、それ以外の整備は大体終わりました。


 









スポンサーサイト

デリボーイ納車整備。

P6230633.jpg
平成3年式 22万キロ。
売約したので点検整備します。
P6230634.jpg P6230635.jpg P6230636.jpg
左右フロントのアッパーアームボールジョイントとロワアームボールジョイントにガタがあり交換。
P6230648.jpg P6230649.jpg P6230650.jpg
左右リヤハブシール不良でオイル漏れ。
P6230637.jpg P6230638.jpg P6230639.jpg
ラジエター水漏れコアとタンク交換。
噴射ポンプから燃料漏れがあり、ポンプを外すためにタイミングベルトを外します。
P6230640.jpg
最近、噴射ポンプのスプロケットがプーラーで外れないことが多く、ヒビが入ります。
何とか頑張って外そうとしましたが粉砕。
P6230641.jpg
こんなことは初めてです。
P6230642.jpg
これでも外れず、熱を加えてもダメで切れ目を入れて衝撃を与えながら何とか外れました。
P6230643.jpg P6230644.jpg
このスプロケットを外すだけで1時間程かかりました。
P6230652.jpg P6230645.jpg P6230646.jpg
外したポンプは専門業者にてオーバーホールします。
P6230647.jpg
前ベルトも良くないので交換。
他にもサーモスタットやウォーターバイパスホースなど状態が悪いものはついでに交換します。
他にも、やることが沢山あるので来週いっぱいかかりそうです。










熊本ベイトシーバス釣行 先週の釣果。

大雨が続いて雨が止んでも増水しすぎて釣りにならない日が多かったです。
P6140564.jpg
それでもこいつらは、すぐ河川に差して来ます。
田植えのために潮止めの関が締まったので流れが緩んだと思いポイントへ。
案の定、良い流れで1投目から反応がありましたがなかなか掛からず5バイト2キャッチ。
P6180577_201506231119164cd.jpg P6180578_201506231119165ab.jpg
大好きなバーンズLDS118で待望のサイズ。
P6180579.jpg
85強のグッドファイターでした。
P6180580.jpg P6180581.jpg
フォローのタックルハウスTKLM9サスペンドで60弱。
次の日も良い思いが出来るかと思いましたが流れが無くなり終了。
このポイントで釣りを成立させるためには、まとまった雨が必要なりました。
本流はというと依然増水が治まらず、相当な雨が降ったのを実感。
出来そうな所を打ってみても、
P6180582.jpg
なまず。
P6180583.jpg
どうせ釣れないならとビッグベイトを投げ倒してみたりと。
雨があまり降らなくなって4日後くらいに増水パターンと言える流れに。
目当てのデイでの清涼ウエーディングでは、気分は最高になりましたが魚とは出会えず、暗くなって上げ4分くらいで稚アユが溜まる所を見つけて2本。
P6200597.jpg
TKLM9サスペンドで40台。
P6200598.jpg
ストーム ブーツ90で50台。
ブーツでの釣りも大好きで、トップで食って来るのがたまりません。
大雨で泥が流れて魚が溜まる地形が出来たので、後は、ほどほどに降って欲しいです。
本流タックル
ロッド ハネダクラフト ヘミスティックソルト1002
リール シマノ 14カルカッタコンクエスト201ハイギヤカスタム
ライン バークレイ スーパーファイヤーライン2.5号
リーダー バリバス ナイロン35lb+よつあみフロロ40lb
至近距離タックル
ロッド ハネダクラフト プラッギンタイド70
リール ABUウルトラマグXLプラス
ライン シマノ パワープロ3号
リーダー バリバス VEP-Fナイロン25lb(今回から弾き対策でナイロンにしました。)

KKK39行って来ました。

連日雨でしたが前日の天気予報はタイミング良く晴れるもよう。
P6210615.jpg
しかし、早い時間は今にも降りそうなスッキリしない天気でした。
P6210616.jpg P6210603.jpg P6210602.jpg
天気のせいか何時もより少なめ。
P6210600.jpg P6210599.jpg P6210612.jpg
前回、早く帰られたため撮り損ねていたランブレッタ。
P6210601.jpg
ピカピカで洒落てます。
P6210604.jpg P6210605.jpg
ラビットと521が調和しています。
P6210606.jpg P6210607.jpg
P6210608.jpg P6210609.jpg
モノコックボディー禁断のチョップトップ。
ロードスタートラックを狙ったスタイルなのか?
帰り下ってる時に白バイ5~6台とすれ違いましたが大丈夫だったのでしょうか?
何しろ月間ですので・・・。
P6210610.jpg P6210611.jpg
トラのマフラーの取り回しが好きです。 
P6210618.jpg P6210617.jpg
グッドさん制作はクリーンで斬新。
P6210619.jpg P6210620.jpg
トラック万歳。
P6210624.jpg P6210625.jpg
マイナー旧車万歳。
コスモとバイオレットとギャランが良い。
P6210626.jpg P6210627.jpg
マイナーアイテム最高。
P6210621.jpg P6210622.jpg P6210623.jpg
帰りに何時もの場所で
P6210630.jpg P6210628.jpg
帰るころは晴れに近い曇りでした。
P6210631.jpg
また来月会いましょう。


















パジェロミニ車検準備。

P6190590.jpg
平成12年式 8万キロ。
P6190591.jpg
2WDです。プロペラシャフト超長いです。
悪い所は、
P6190587.jpg
シートベルトインジケーターランプ不灯でバルブ交換。
ついでに、シフトインジケーターのPとDが切れていたので、あまり使わない2とLのバルブと入れ替えました。
P6200595.jpg
排ガスのHCが多く基準ギリギリかオーバーです。
P6190588.jpg P6200596.jpg
プラグが悪かったので交換して基準値内に納まりましたが、それでも多いのはオイルメンテが悪くシリンダーの吹き抜けガスが多いためです。
オイル交換をあまりしてないのでシリンダーの摩耗でピストンとの隙間が大きいか、ピストンリングの摩耗が原因です。
簡単に言うと、エンジンが終わっているようなものです。
オイル交換はしなくてよいと言われてましたがオイル量を点検したらゲージに着かなかったので、お客様にその旨伝えてオイルとエレメント交換しました。
P6200594.jpg P6200593.jpg
水漏れがあり点検したら、インマニの取り付けナットが1個無くなっていて、圧が上がると、この下から滲み出て来ているようでした。
推測すると新車時の締め付け不良で緩んで無くなったと思われます。
この水漏れは、どの角度からも鏡を使っても確認出来ない場所から漏れていて触って確認するしかなく、どういう状態か想像するしかありませんでした。
ナットで締め付けて、下に垂れて来ないので直ったとは思います。
それとラジエターキャップ交換とマフラーの1cmくらいの亀裂からの排気漏れにパテを塗りました。
月曜日に車検に行きます。





ハーレー76FLH ほぼ完成前のいろいろなトラブル。

登録前の先週の整備内容です。
やはり旧車の7年放置は、一筋縄では行きませんでした。
充分暖機した後、調子が悪く(バックファイヤーとアフターファイヤー)なる原因の追究ですが、タペット調整のやり直しと点火時期調整(狂い有り)しても変わらないので二次エアーの可能性でマニホールドOリング交換とキャブオーバーホールをしてみます。
P6120541.jpg
その前にフロントブレーキマスターのふたからのブレーキオイル滲みをガスケットを交換して直しました。
P6120542.jpg
キャブとインマニを外し点検。
P6120543.jpg P6120545.jpg
Oリングの切れなどはありませんがインマニのサビが膨れて悪さをしているかもしれません。
サビを落してOリングを交換。
P6120544.jpg
キャブは、うちに来る前に友達のバイク屋さんでオーバーホールしたらしいのでパッキン類は交換してありましたが、加速ポンプの燃料漏れとアイドリング時のチビリは、組み直して直りました。
少しゴミなどはありましたが状態は悪くありませんでした。
P6130555.jpg
組む前に油面調整。
だいぶ狂ってたので基準値に調整。
キャブを組み、インマニに取り付け時に問題発覚。
P6120547.jpg
下側のねじ山が潰れていて締まらないので1サイズアップの3/8-16で堀直し。
P6120546.jpg
インマニの穴も通らないので拡張。
P6120549.jpg
ここからエアーを吸っていたようです。
エンジンの調子を診ている間にバッテリーが上がり、充電不良が発覚。
P6130552.jpg
点検してレギュレーターが悪かったので新品に交換。
無負荷時(プラグを全部外して)にスターターを回すとボタンを放しても回りっぱなしなり、キーをオフにしても止まらず、あわててバッテリーターミナルを外して止めました。
これが負荷(プラグを付けて圧縮がある状態。通常)がかかっていれば普通にボタンを放せば止まります。
P6130551.jpg
スターターリレーを新品に交換して直りました。
P6130550.jpg
スターターリレーは分かりませんがレギュレーターは新車時からの物だと思われます。
全ての作業が終わり、エンジンをかけて調子を診るとアイドリングが格段に良くなりましたが、やはり充分に暖機すると調子悪くなり、止まったり、バックファイヤー、アフターファイヤーを起こして吹き上がりません。
熱を持ったら必ず調子が悪くなり、しばらく冷やすと調子良くなるので憶測すると熱を持ってシリンダーヘッドが歪み圧縮が抜けているのでは?
一度圧縮は確認していますが、暖まって調子が悪くなって直ぐ圧縮を測ってみました。
前シリンダー計測異常無し。
後シリンダー計測・・・エンジンがかかりそうになります。
P6130560.jpg
前後プラグ無しの点火装置無し状態のこの状態でかかろうとします。
原因が分かりました。
後シリンダーに付いたカーボンが原因のようです。
コンプレッションゲージを付けて圧縮が上がり吸った燃料に燻ったカーボンで点火しているようです。
なので熱を持つとプラグ以外で点火してしまうので点火時期も、くそも無くなり不調になるみたいです。
こうなるとヘッドを開けて点検する必要があります。
このことをオーナーに打診しましたが登録期限が近いので、試しにドクターカーボンで何とかして欲しいとのこと。
P6130558.jpg P6130559.jpg
リターンが無いキャブ車のドクターカーボンは機械を使わず点滴方式です。
ドクターカーボンを施工した結果、効きました。
施工前は、扇風機冷却で30分持ちませんでしたが、施工後は、1時間以上アイドリング出来ました。
1時間もアイドリング出来れば車検ラインを通す間は問題無し。
と、思いましたが実際車検でライト光軸で再検になり2回目のラインを通すのは困難でした。
扇風機で冷やすと1時間もつので扇風機も侮れないです。
3回目のラインは、しばらく冷やして通しました。
車検に行く前日の夜の最終点検ではウインカーが点かなくなりました。
P6150565.jpg
ウインカーリレーの不良でした。
在庫持っていて良かったです。
一度交換してありミツバ製になっていました。
こういった具合に登録までには、大変手間がかかっております。
後は、ロードテストと最終セッティングです。







KKK 39。

kkk3935[1]
天気次第で参加します。

デリボーイ車検準備。

P6170575.jpg
平成3年式 29万キロ。
ここ何年かは年5000キロ前後走行と少ないので傷み難いです。
悪い所ありますが車検に支障が無いので予算の都合で先送り。
P6170576.jpg
ご用命のエンジンオイルとエレメント交換とバッテリーを交換しました。
明日車検に行きます。

キャンター車検準備。

P6160570.jpg
19年式 13万キロ。
悪い所は、ほとんど無し。
P6160572.jpg P6160573.jpg
シートを外してファン・クーラーベルト調整。
P6160574.jpg
バッテリー液補充。
補充するためにステップ外してバッテリーを降ろさなければならないのがめんどくさいです。
P6160571.jpg
全長が変わっているので社外から純正バンパーに交換。
各部グリスアップとナンバー灯交換と左後外側タイヤパンク修理。
ご用命のエンジンオイル交換。
明日車検に行きます。

ハーレー76FLH 登録完了。

P6160567.jpg P6160568.jpg
登録期限の都合上、急遽登録へ。
雨が結構降っていたのでサニトラではなくデリボーイ載せて行きました。
重いので二人がかりで載せ降ろし。
雨で足が滑ったりして大変でした。
今度からFLHは、晴れた日に自走で陸運局へ行くことにします。
P6160569.jpg
無事に車検も合格し、登録することが出来ました。
登録終わりましたが、まだ作業が残っていますのでその都度アップして行きます。

ハーレー76FLH ほぼ完成。

P6130561.jpg
ここまで来るまでに沢山の故障が重なり大変でした。
今日はこれだけで後日内容はアップします。

髪を切りました。

P6120534.jpg
10年ぶりくらいに短く切りました。
僕のことを、もじゃもじゃロンゲで認識している方は、ご注意ください。

コガメちゃん。

P6110522.jpg P6110523.jpg 
P6110524.jpg P6110525.jpg
工場の前に居ました。
車に踏まれなくて良かった。
カワイすぎる。
小学校の頃、一番好きな動物は、このカメの赤ちゃんでした。
普通サイズのカメは簡単に捕まえられましたが、コガメは滅多に見つかりませんのでレアでした。
安全な所に逃がしてやりました。


RN43ハイラックス リレーロッドボールジョイント再生。

P6120537.jpg
製造中止になっているリレーロッドを再生するため外しました。
P6120539.jpg P6120540.jpg
両端のボールジョイントにガタがあり、60キロからハンドルが暴れます。
梱包して再生業者に送りました。
P6120538.jpg
出来上がって帰って来るまでこのままです。

ロードスター電動ファンモーター交換。

P6110526.jpg
マツダとホンダの電動ファンは良く壊れます。
P6110527.jpg 
中古が無く、新品に交換。
P6110528.jpg
モーターの交換だけなら良いのですが・・・
P6110529.jpg P6110530.jpg P6110531.jpg
必ずと言って良いほど配線が焼け接触不良。
P6110532.jpg
マツダにはカプラーのリペアキットの設定が無く、端子を交換して水やゴミが入らないように絶縁テープを巻きました。
リペアキットが存在しないのでディーラーも同じような事をやっていると思われます。



ウィッシュ車検準備。

P6100518.jpg
平成16年式 7万キロ。
悪い所は
P6100519.jpg
左右ロワアームボールジョイントブーツ破れのため交換。
P6100520.jpg P6100521.jpg
ナックルアームを脱着してブーツを交換しました。
それとご用命でワイパーゴム交換。
明日車検に行きます。

ポーターキャブ入荷。

P6090515.jpg
昭和な風景ですね~。
P6090516.jpg
なかなか2台は並びませんよ。
P6090517.jpg
右のポーターが入荷しました。
近日中にグーネットにアップします。

ジムニー車検準備。

P6090514.jpg
平成8年式 10万キロ。
前回車検から1万キロ走行くらいで、その間ヘッドガスケット交換などを行っているため
悪い所はありませんでした。
明日車検に行きます。

熊本ベイトシーバス釣行 先週の釣果。

梅雨入り前に続く晴天パターンと梅雨入り後の増水パターンで一年の中で一番河川で釣り易いシーズンに入りました。
結果行けば1~2匹釣れて楽しい釣行になりました。
P6010462.jpg P6010463.jpg
通称シラウオ。
形はサヨリみたいで、どう見ても内臓らしき物が見えません。
P6010464.jpg
バスデイ レンジバイブ70TGで泥だらけになりましたが4、50くらいのセイゴ。
P6010465.jpg
この時期特有のニゴイ。
P6010466.jpg
バスデイ レンジバイブ70TGで70クラス。
P6020469.jpg
去年の秋に散々振り回されたコノシロ。
P6020470.jpg P6020471.jpg
シマノ サルベージ70ESで70有る無し。
この時点でレンジバイブ70TGを3個ロストして在庫が切れました。
ボトムのゴロタの地形変化をタイトに狙わないといけないためロストが多くなります。
P6040489.jpg
タックルハウス TKLM9サスペンドで50クラス。
このポイントでバーンズLDS118で5バイト1ヒット1バラシだったのでTKLM9でフォローしました。
P6040490.jpg P6040492.jpg
大雨の増水のためシマノ サルベージ85ESでスレで80クラス。
激流に乗り、下るだけ下って潟のブレイクに張り付いてポンピングして揚げるのに20分くらいかかりました。
P6040491.jpg P6040493.jpg
腹パンパンで喉から尻尾が見えていたのでペンチで引っ張り出したら30cmのボラでした。
こんなに大きいのを食べてるのを初めて見ました。
ビッグベイトは決して大きくはないです。
P6040494.jpg
ジップベイツ フェイキードッグSALTYで50くらい。
このポイントでは他に4バイト1バラシで弾きが目立ちました。
P6060507.jpg
やはり激流のためサルベージ85ESを使ってロスト後、サルベージ70ESで50無いくらい。
P6060508.jpg P6060509.jpg
その後サルベージ70ESで70クラス。
という具合に梅雨が明けるまで楽しめそうです。
本流タックル
ロッド ハネダクラフト ヘミスティックソルト1002
リール シマノ 14カルカッタコンクエスト201ハイギヤカスタム
ライン バークレイ スーパーファイヤーライン2.5号
リーダー バリバス ナイロン35lb+よつあみフロロ40lb
至近距離タックル
ロッド ハネダクラフト プラッギンタイド70
リール ABUウルトラマグXLプラス
ライン シマノ パワープロ3号
リーダー バリバス フロロ30lb

ハーレー76FLH エンジン始動。

P6050497.jpg P6050499.jpg
リヤシリンダーのマフラー取り付けボルトのネジ穴の溝が8割死んでいるので純正ボルトでは締まりません。
JAMESのガスケットセットのロングスタットボルトを使って留めてみました。
P6060505.jpg
何とか締め付けることが出来ました。
これでダメならリコイルです。
P6060500.jpg P6060501.jpg
磨くことは依頼されてませんが脱着したマフラーなどのメッキパーツを真鍮ブラシでサビを落し。
P6060502.jpg
こんなにキレイになりました。
P6060503.jpg
サビで抜けていたリヤブレーキマスターを価格が安いCCIの物に交換。
とりあえず耐久性は二の次です。
フロントブレーキオイルも抜き替えました。
P6060504.jpg P6060511.jpg
スタータースイッチが壊れて奥の赤い変なスイッチになっていたので、純正タイプスイッチに交換。
P6060506.jpg
オイルを入れて無事にエンジン始動。
オイルや556などが焼けて煙が出ています。
エンジンオイル漏れ無し。
本来の目的のミッションのオイル漏れも無く、後輪を浮かせた状態でオーバーホールしたミッションのギヤの入りも良好です。
後はロードテストです。
エンジンを長時間かけていると調子悪くなるので、もう一度タペット調整する必要があるようです。
その後点火時期など点検調整後タンクとシートを付けてロードテストします。
P6060510.jpg




スクーター フロントタイヤ交換。

P6050495.jpg P6050496.jpg
小さな物から大きな物までお任せ下さい。

ハーレー76FLH 途中経過

5月は車の方が忙しくほとんど手を付けれませんでした。
P6010467.jpg P6010468.jpg
リヤスプロケットを新品に交換。
ミッション側のスプロケットとチェーンも新品に交換しています。
リヤタイヤを取り付けてクラッチハブナットを規定トルクで締め付けてクラッチディスクを組み付け調整。
P6020475.jpg
プライマリーケースを被せる前にタペット調整とリフター清掃。
P6020473.jpg P6030484.jpg
リフター分解清掃、プッシュロッド&カバーも清掃。
P6030488.jpg
四ツ目からのオイル漏れも、Oリング交換で修理しました。
P6030486.jpg
後は、プライマリーカバーを取り付けてマフラーを付ければエンジン始動出来ます。


RN43ハイラックス ラジエター交換。

P6030478.jpg
新品ラジエターが届きました。
P6030476.jpg P6030477.jpg
ラジエターを付ける前に、サーモスタットを外した所から水圧とエアーでエンジン内をキレイにしました。
P6030479.jpg
新品サーモスタットに交換しました。
P6030483.jpg
アッパー&ロアホースも新品に交換しました。
P6030482.jpg
当たり前ですが新品のコアは詰まりも汚れも無くキレイです。
P6030480.jpg
オイル漏れしていたオイルプレッシャースイッチも新品に交換。
P6030481.jpg
オイルとエレメントも交換し、予防でエンジンオイル添加剤とラジエター漏れ止め(トリートメント)も注入しました。
とりあえず安心してエンジンをかけれるようになりました。
次は安心して乗れるようにリレーロッドのボールジョイント再生です。
新品のリレーロッドは製造中止でした。

ワーゲンやオペルのカーボンによる圧縮不良・KDH200ハイエースなどのインジェクター不良なおります。

P7241307_20150603105854ab3.jpg
P7241308_20150603105855cc0.jpg P7241309_20150603105857e0d.jpg P7241310_201506031058583f4.jpg
スナップオンのドクターカーボンです。
タイトルの高額修理でお困りの方
1万円からですので騙されたと思って一度お試しください。
ちなみにワーゲンなどのカーボンによる圧縮不良であればエンジンを開けてヘッドオーバーホールが必要ですので高額な修理が必要です。ハイエースなどのディーゼル車のインジェクター不良の場合、ディーラーでインジェクター交換するれば30万円ほどかかります。
ワーゲン、オペル、ハイエース実績あります。
お問い合わせ
クラブスポーツ 096-358-4658まで!
プロフィール

クラブスポーツ

Author:クラブスポーツ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR