FC2ブログ

 スタッフ募集中!! スカイラインジャパン 車検。

P1251983.jpg P1251984.jpg P1251981.jpg P1251982.jpg
昭和55年式です。
10年前に当店でL28ウェーバーキャブ・エンジン打刻L20打ち換え→職権打刻公認取得しました。
車検ですので10年前に公認取得した状態に戻します。
P2012034.jpg
触媒無しマフラーを触媒を付けれるようにした車検用マフラーに交換。
P2012031.jpg P2012032.jpg P2012033.jpg
加速ポンプ付のキャブはアクセルを煽ると大量の生ガスが触媒に行き反応して高温になるのでキノクニさんのレース用部品を使って熱対策はしっかりしていきます。
10年前は、やってなくて車検ラインに入るまえにフロアーから煙が出たので今回はその教訓を活かしてます。
P2012039.jpg P2012036.jpg P2012043.jpg P2012037.jpg
触媒を付けただけでは排ガスが濃すぎて車検に通りませんのでキャブの燃調とアクセル開度と調整と点火時期調整してガスを基準内に落しアイドリング出来るように調整しました。
P2012040.jpg P2012041.jpg P2012042.jpg P2022054.jpg
マフラーの温度は触媒前は100度ほどで触媒で300度以上(温度計は299度超えたら表示しない)、リヤタイコ前で200前後~300前後になります。
触媒の熱がこもって高温で赤くなっていたので巻いていた断熱材を外しました。
車検ではエンジンをかけている時間は大して長くないので問題無いでしょう。
(並んでる時はエンジンを切るようにします)
触媒は熱を持たないと排ガスを浄化しないので放熱性とのバランスが重要で再検討してみます。
(放熱性良さに比例して浄化するまでの時間がかかります)
キャブの燃調で排ガスを抑えるのには限界があるので触媒頼みです。
P2022046.jpg P2022044.jpg P2022045.jpg
エアクリナーを取り付けてブローバイ還元装置を取付け。
P2022047.jpg
チャコールキャニスターは公認取得時から付けます(デリボーイのガソリン車用だったと思います)
P2022048.jpg P2022049.jpg P2022050.jpg
通常車検で悪かった所はアイドラアームブッシュが破損していたので交換。
P2022053.jpg
右タイロッドボールジョイントブーツ破れでブーツ交換。
その他、ウインカースイッチなどの接触不良修理やホーン鳴らないのを修理。
オイル交換などは車検受検後に交換します。
残り作業は電装系で電動ファン電源不良修理でサーモスイッチ取寄せてますので取付け後、車検に行きます。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クラブスポーツ

Author:クラブスポーツ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR